[2011年08月] アーカイブ

今あるもので幸せを噛みしめる

(2011年08月09日)

恒例になった半年に1回の診察を受けてきました。

レントゲンを撮ってもらって骨の状態を見てもらうと、
特に問題ないようでした。
足を動かすときに痛みも出ないし、安定しているようです。

足が成長して大きくなったので、靴の中敷き型の装具も、
今回新しくつくってもらうことになりました。

先生には、右足のケンケンができるところをご披露しました。
タクちゃんも6歳になって、だいぶ言うことが伝わるようになったので、
意識して足を外側に向けたり、ひざをかかえてしゃがんだりするように、
先生から教えてもらいました。
(時々、思い出してやってます)


相変わらず内反足の右側は、左足と比べて
モモの筋肉が少なく、細いです。
半ズボンはくとすごく気になります。
でも、これはしかたがないのだそうです。
そういうものなんだそうです。

それでも、生まれてすぐの頃を思い出せば、
今のままでも十分すぎるぐらいありがたい状態です。
欲を言えばきりがないので、
今あるもので幸せを噛みしめたいと思います。

投稿者 :父ちゃん | コメント (3) | トラックバック (0)