カカトが下りてきません

(2006年02月16日)

月イチの診察の日。
レントゲンをとってもらいました。

思うほどカカトが下りてきていないようです。
アキレス腱がまだ十分に伸びていません。

くわしいことはわからないのですが、
距骨(きょこつ)と立方骨(りっぽうこつ)の配列を改善しないといけないそうです。
(どんな骨か、という解説はこの記事の最後をご覧ください)

具体的には、上田法を続けること、
日中は短下装具をつけること(足を踏ん張るときのため)
この2つを実行します。

特に、手での矯正のときには、足の裏から
カカトに近い位置の「土踏まず」の外側部分
を指で押してあげるといいそうです。
(あとでイラスト載せます)


「これでだいたい初期の矯正はおわり」とのことでした。

根気よく続けていかなきゃ
って感じですねー。

■距骨(きょこつ)とは


脛骨とひ骨に接触して上部くるぶし関節を形成する骨です。
この骨が足首のフレクシング(屈曲)及びエクステンション(伸展)の役目を果たします。


■立方骨(りっぽうこつ)とは


踵骨及び足の外側で第4・第5中足骨に接触しており、この骨のポジションが足の安定性に重要な役目を果たします。

出典:SNOW FLAKE
http://www.j-1.ne.jp/2003/attention/

こちらのページの下のほうには、骨の配列のくわしい画像もあります

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://arigato.s164.xrea.com/blog4/mt-tb.cgi/56

コメント

この記事へのメッセージをお待ちしています

※メールアドレス欄の入力は必須ですが、公開はされません
 心配な方は、ダミーのアドレスを入れていただいても構いません。




情報を登録する?