[2005年08月] アーカイブ

たまには写真でも

(2005年08月26日)

生まれたときの足を写した写真ってないんですよね。

その頃は、そんなことまで考えられなかったし。

この間、タクちゃんが生まれたときのビデオを見てると、
よさそうなシーンがあったので、ブラウン管ごしにパシャっと撮ってみました。

少し不鮮明ですが、生まれてすぐはこんな感じでした。

生まれた直後


いまは、デニスブラウン装具で治療ですが、外した状態では
見た目だいぶいい形になりました。

内反足の右足


こちらは正常な左足。

正常な左足

手の指の出演は父ちゃんです。


投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

病院で、歩いている子に出会いました!

(2005年08月25日)

きょうは、装具の調整のために病院へ行きました。

病院の先生に配慮してもらって、夕方の時間帯になりました。
きょうは、ここの患者さんで、同じ内反足の子どもさんが来られてるそうです。

待合室に入ると。。。
いましたいました。元気に歩いている子が!

1歳半の男の子。左足が先天性内反足なんだそうです。
確かに、よく見ると、左足が少し内側に入っていますが、
言われないとわからないくらいに矯正がされています。

そして、立って、歩いています。
感動しました。


母ちゃんと、その子のお母さんと
診察を待つ間、ずっと話してました。

装具に見えないような靴デザインのコツなんかも
アドバイスしてもらいました。
その子がはいてた靴は、
白をベースに、紺色のワンポイントが入っていて、
かっこいいスニーカーみたいな感じの装具でした。
ベージュとかで1色にすると、いかにも装具、
という感じになるそうですが、
これだとわからないですね。


いやぁ、やっぱり、歩けるんだ。
これは励みになりました。

またひとつ、希望の星がともりました。

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

マタ〜リした感覚

(2005年08月23日)

患者さんが少なかったせいか、ゆったり診察でした。

きょうは装具の業者さんが来られない日だったんですが、
先生自身に装具の微調整をしていただきました。

世間話をしながら、マッサージのやり方をもう一度教えてもらったりしました。

だいぶアキレス腱が伸びてきて、カカトの骨が下がってきたらしいです。
母ちゃんが根気よくマッサージを続けた甲斐がありました。

「こんなの書いてる暇があったら、タクちゃんの足触ってやって」
と言われそうですけどね。


投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

ギプスでの入浴事情

(2005年08月10日)

はじめて足にギプスをつけたとき、
タクちゃんをどうやってお風呂に入れようかと、
父ちゃんと母ちゃんはずいぶん考えました。

ギプスは濡らすと崩れるので、
スーパーの買い物袋をギプスの上から履かせて、くくります。

そのあと、石けんで頭や体を洗うのですが、
湯船や浴槽ではうまくいかないので、工夫がいります。

父ちゃんたちは、
すぐ横の脱衣所にタオルを敷いて、
そこにタクちゃんを寝かせたままで、
石けんをつけて濡らしたガーゼで洗います。

そのあと、足を持ち上げながらベビーバスに入れて、
石けん分をとりながらかけ湯をして、あがります。

プクプク成長するので、だんだんベビーバスがきつくなってきて、
もうそろそろ限界にはきているんですけど。


2人がかりの作業です。
父ちゃんは、ここ最近、できるだけ早く家に帰って、タクちゃんを風呂に入れています。


投稿者 :父ちゃん | コメント (2) | トラックバック (0)

すっぽ抜け

(2005年08月09日)

きょうもタクちゃんのギプスを付け替えてもらいました。

きのうつけてもらったギプス、
長靴が脱げるような感じで、2〜3センチほど足がすっぽ抜けになってしまって、
きちんとした形で足をギプスで固定することができなくなりました。

母ちゃんが病院へ連絡してみたら、
すぐに来てほしいとのことでした。

父ちゃんは仕事で外へ出ていて連れていってあげられませんでした。
そこで、母ちゃんが一人でタクちゃんを連れて、病院へ。

そこでギプスを付け替えてもらいました。

相変わらず、タクちゃんは大きな声で泣いていたようです。
終わると、タクちゃんの頭から出た汗が診察台の上にたっぷり落ちて、
水たまりができてたそうです。


夜に、ていねいにお風呂に入れてあげました。


投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたギプスに

(2005年08月08日)

きょうは予定どおりの受診の日。

装具があわないようなので、
もういちど調整をしていただくことになりました。

調整ができるの間は、またまたギプス生活に。

やっぱり、ギプスを外してしばらくすると、
足の反り具合が少しもどってきます。

病院でも試しに装具をつけてもらったりしたのですが、
嫌がって嫌がって、大きな声でずっと泣いてました。

だんだん力が強くなってきて、
動かないように押さえるのに大人でも苦労します。

大きくなってきたことを実感します。
そして大きな声で泣くということで、
先生は、心肺機能も強いとおっしゃっていました。


また3日後の11日まで、暑くてかわいそうですが、がんばってもらうしかありません。

またギプスでちゅ

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (1)

未明の攻防

(2005年08月05日)

いやぁ〜、泣かれました。昨晩。

デニスブラウン装具が足にうまく合っていないみたいで、
すごく嫌がります。

夜中、1時間おきに泣きます。

でも、慣れさせないといけないと思って、だましだまし装着させました。

眠い目をこすりながら、
足が当たって痛くなる部分にあわせて、
装具のほうに母ちゃんの化粧用のコットンパフを取り付けてみたり、
装着がうまくいくように装具を分解したりして少し改良してみたのですが、
やっぱり嫌がって大泣きでした。

父ちゃんも母ちゃんもクタクタになりました。。。
それ以上に、タクちゃんは大変だったと思います。

きょうは病院へ行かないとダメかも。
そう思って、朝になって問い合わせの電話を入れてみると、
担当の先生はきょうは不在でした。
足が痛くなると逆効果なので、とりあえず装具を外して、
マッサージや手による矯正で様子をみるようにと
婦長さんから指示を受けました。

あ〜、よかったよ。
とりあえずは、かわいそうな状態から開放だ。

それに、父ちゃんは、きょう、遠くへ泊まりで出かける用事があったけど、
病院へ行ってたら電車に間に合わなくなるところでした。


投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆったりとお風呂に入ろう

(2005年08月04日)

ギプスが外れました。
きょうからデニスブラウンという装具をつけます。

両足にスリッパみたいな靴みたいなものを履かせてそれぞれ固定します。
左右の「スリッパ」は、棒でつながれています。
内反足の右足は、かなり外側に角度がついています。
足を蹴り出す力で、右足が外側に向くように矯正がされます。
そんな装具です。

デニスブラウン装具をつけたところ


病院から帰って、すぐにお湯をはって、
ゆったりしたお風呂に入れてあげました。

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)