今あるもので幸せを噛みしめる

(2011年08月09日)

恒例になった半年に1回の診察を受けてきました。

レントゲンを撮ってもらって骨の状態を見てもらうと、
特に問題ないようでした。
足を動かすときに痛みも出ないし、安定しているようです。

足が成長して大きくなったので、靴の中敷き型の装具も、
今回新しくつくってもらうことになりました。

先生には、右足のケンケンができるところをご披露しました。
タクちゃんも6歳になって、だいぶ言うことが伝わるようになったので、
意識して足を外側に向けたり、ひざをかかえてしゃがんだりするように、
先生から教えてもらいました。
(時々、思い出してやってます)


相変わらず内反足の右側は、左足と比べて
モモの筋肉が少なく、細いです。
半ズボンはくとすごく気になります。
でも、これはしかたがないのだそうです。
そういうものなんだそうです。

それでも、生まれてすぐの頃を思い出せば、
今のままでも十分すぎるぐらいありがたい状態です。
欲を言えばきりがないので、
今あるもので幸せを噛みしめたいと思います。

投稿者 :父ちゃん | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年のまとめ

(2010年12月31日)

DSCN2511
(写真はフリー素材 http://22key.blogspot.com/をお借りしました)


お陰さまで2010年に5歳を迎えた子どもの内反足は、
経過も順調で毎日元気に走り回っています。

日常生活では内反足を意識することもあまりなく、
このブログも話題がないので
めったに更新することはなくなりました。
ありがたいことです。

半年に1回ほど経過観察で病院に通って、
つま先の内転を矯正するための装具(靴の中敷きタイプ)を
つくってもらって履いているぐらいです。

来年もこんな形で順調に進むことを願いつつ、
2010年を締めくくりたいと思います。

皆さんにとっても希望の1年になりますように。
どうぞよいお年をお迎えください。

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめての運動会

(2009年11月04日)

早いもので気がつくと前回の記録から2年も経ってしまってました。
タクちゃんは4歳。幼稚園の年少組になり、毎日元気に歩いて登園しています。

状態は安定していて、年2回、定期的な診察のために病院に行く程度です。
この春には靴の中敷のような装具をつくってもらいましたが、それ以外は普通の子どもと変わらない生活です。

きょうも元気に走り回っています。生まれたときの足の状態からは想像できません。
ただ、内反足の右足ふくらはぎは、そうでない左足に比べて細いです。右足で踏ん張る力が左に比べて弱いので、意識して片足ジャンプの訓練を時々やっています。

先日は、幼稚園に入ってはじめての運動会でした。
かけっこや障害物競走も、他の子と遜色ないどころか、早かったです。親バカですが、その勇姿に涙が出そうになりました。

4041658675_318e9a9fac_m.jpg

投稿者 :父ちゃん | コメント (16)

定例の診察

(2007年10月27日)

このところ書けてませんが、前回7月27日の診察に続いて、
3ヶ月ぶりの診察を受けました。

いつもどおり、朝から親子で高速道路を通って病院へ。

レントゲンを撮ってもらったり触診を受けた結果は、
良好ということでした。


診察が終わった後は、せっかくの遠出なので、ついでに
いつものように遊園地に連れて行ってやりました。

お陰さまで、いまでは親が追いつけないぐらいの速さで
あちこち走り回っています。
普段も道路に飛び出したり危なっかしくて面倒をみるのが大変ですが、
でも、生まれてきた時からは想像もできなかった
いまの活発な様子を見ると、感謝の気持ちでいっぱいになります。

適切なタイミングで適切な治療を受けることの大切さを
改めてかみしめる毎日です。

投稿者 :父ちゃん | コメント (8) | トラックバック (0)

3ヶ月ぶりの診察

(2007年04月21日)

きょうは3ヶ月ぶりの診察だ。
手術の成果がよく出ているので、さらに3ヶ月後に診察を受けることになった。

投稿者 :父ちゃん | コメント (5) | トラックバック (0)

次回から3ヶ月ペース

(2007年01月27日)

手術の経過がいいので、次回は3ヶ月後の診察になった。

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

ギプス外れました

(2006年12月22日)

きのうは母ちゃんとばあちゃんに病院へ行ってもらいました。

5週間でギプスが外れました。


(つづく)


投稿者 :父ちゃん | コメント (4) | トラックバック (0)

手術しました

(2006年12月14日)

久しぶりの更新です。
コメントをいただいていたのに
長らくお返事できなかった方もあって
申し訳ありませんでした。

いろいろ紆余曲折がありましたが、
先月11月18日にはじめて手術を受けました。
「後方解離術」という手術です。

装具などの矯正では十分にアキレス腱が伸びず
カカトが下がってこなかったので
治療の仕上げ的な意味合いでやってもらいました。

手術のあとは矯正がズレないように足にピンを刺して
ギプスで固定されてました。
ひざを曲げた状態でギプスを巻かれるので
あまり立てないはずなんですが、
それでもうちの子どもは立とうとします。

立ったらピンを踏み抜くのでダメということで、
ずっと監視していないといけなくてヒヤヒヤしてました。
特に母ちゃんは長い時間一緒にいるので大変だったと思います。

そのピンも、先週12月7日には外してもらえました。
いちどギプスを割って、装具の型どりをしてもらいました。
手術のあとにはじめて見る足は、とてもいい形をしてました。
感激でした。

タクちゃんもそのあと絶好調。
同じようにひざを曲げてギプスを巻いてもらったのですが、
立つだけではなくて、ヨチヨチと歩き出すようになってしまいました。
でも、もうピンが刺さってないので歩いても安心です。


手術のあとは6週間程度ギプスをしないといけないと聞いていて、
このやんちゃに動き回る坊主がどうなるんだろうか、とブルーになってたのですが、
いざギプスをしてみると、意外におとなしかったので助かってます。

床をはいずり回りながら、機関車トーマスのおもちゃで真剣に遊んでます。
トーマスには救われました!

手術は、これまで通っていた病院とは違う病院でしてもらいました。
これまでの病院ではギプス固定や装具での治療などはよくても、
手術となると麻酔などの体制を整えるのが難しいらしくて、
必ずしも手術をするのに適した環境とはいえなかったようです。


8月から手術を前提に別の病院に通うことになりました。
内反足治療で成果を出しておられる先生をネットなどでリサーチして、
これまで通っていた病院から紹介状を書いてもらいました。

特に母ちゃんは病院をがんばって探してくれました。

通いはじめたところは。。。
たくさんの症例を見てきて実績をお持ちの先生。
それだけでもすごいことなんですが、
加えて、いつもやさしく心温まる対応をしていただいています。
看護師さんや事務の方も皆さん親身になっていただいて、
いつも頭が下がる思いです。いつ行っても素晴らしい病院です。

手術のあとも片道2時間以上かけて週1回通院しています。
きょう14日は装具の仮あわせがある日です。

年内にはギプスが外れます。いいお正月はもうそこまで来ています。

でも、その前に年賀状を書かないと。。。
私の中のお正月はなかなか来そうにありません。

投稿者 :父ちゃん | コメント (6) | トラックバック (0)

更新が滞ってます

(2006年05月02日)

このところ、タクちゃんの早起きで
父ちゃんの早朝の貴重な作業タイムの時間がなかなかとれません。

そうこうしているうちに、上のコがロタウイルスによる胃腸カゼをひいて、
下痢と吐き気、発熱でかわいそうなことになってました。

きっとタクちゃんにもうつると思います。
悲惨なゴールデンウイークの予感。。。


そんなこんなで更新が滞ってます。
新しい靴タイプの装具ができたり、
デニスブラウンをショッキングピンクの色に新調したり、
何歩か歩けるようになったりと、
いろいろネタはあるんですけど。

コメントへのお返事も極端に遅くなることがあると思いますが、
どうか大目に見てやってくださいませ。

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

初節句のお祝いをしました

(2006年04月08日)

ちょっとフライイング気味ですが、タクちゃんの初節句のお祝いをしました。

といっても、両方のじいちゃんばあちゃんを呼んで、食事をしただけですが。
ここまで育ってくれて、ありがとう。


投稿者 :父ちゃん | コメント (2) | トラックバック (0)

装具の仮あわせ

(2006年04月06日)

靴型の装具とデニスブラウン装具。
きょうはこの2つの装具の仮あわせの日です。

父ちゃんが仕事で行けないので、
母ちゃんとタクちゃんの2人で行ってもらいました。
母ちゃん、姉ちゃんに続いて、タクちゃんも熱っぽい中での受診。

短下装具の効果で、
矯正はうまくいっているようです。

レントゲンを撮ってもらいましたが、
またもや動いて失敗だったそうです。


来週にはカッコイイ靴ができます。
2つの装具で14万円ほどかかるそうです。

お金は返ってくるので仮払いとはいえ、大きい出費です。


そうそう、今月から障害者自立支援法が施行されて、
こうした装具の負担がどうなるのか、
というところもちょっと気がかりです。

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

デニスブラウン装具と乳ばなれの関係

(2006年03月26日)

タクちゃんは母乳で育っているのですが、
生後9ヶ月になって、そろそろ乳ばなれを考える時期になりました。

上のコのときには夜に寝ながら授乳(いわゆる「寝チチ」)はしてなかったのですが、
タクちゃんにはやってます。

これにはワケがあって、夜にデニスブラウン装具をして寝ると、
かならず1時間おきぐらいに目が覚めてグズグズ言うからなんです。
(父ちゃんはよく寝ててあまり気づかないのですが。。。)
眠りが浅くなるときに足が気になって目が覚めるようです。

で、仕方ないから、なだめるひとつの方法として、
母ちゃんは寝チチというパターンが多くなります。
これが粉ミルクだったらどうなるのか想像もつきませんが。


デニスブラウン装具を外してやりたいのはやまやまですが、
また今度新しいのができるし、当分は続けないといけないようです。

こんな中で、乳ばなれができるのかなぁと、
父ちゃんも母ちゃんも気にしています。
寝チチのせいかどうかわかりませんが、
このところ、母ちゃんの肩コリもひどいです。

投稿者 :父ちゃん | コメント (2) | トラックバック (0)

母ちゃんより高い靴

(2006年03月23日)

月イチの診察の日。

足がまた大きくなってしまったので、
新しい装具をつくってもらうことになりました。
しかも2つも。

ひとつは、これまでと同じデニスブラウン装具。

そして、もうひとつは、靴タイプの装具です。
もう歩きそうな勢いなので、ついに靴です。


装具屋さんに石膏で足の型をとってもらいました。
タクちゃんはちょっと嫌がったけど、おとなしくしてくれてました。

カッコイイのをつくってね。装具屋さん。


父ちゃんよりも、母ちゃんよりも、靴にはお金がかかってます。
このお金のかかり方には、
独身時代、靴にお金をかけてた母ちゃんもビックリ!?

投稿者 :父ちゃん | コメント (4) | トラックバック (0)

Yahoo!の掲示板に内反足の話題

(2006年03月15日)

調べものをしてて、偶然見つけました。

Yahoo!掲示板に内反足のトピック。

けっこう活発に意見交換されてますね~

投稿者 :父ちゃん | コメント (2) | トラックバック (0)

つかまり立ちをはじめました

(2006年02月27日)

仕事から帰ってきたら、母ちゃんからうれしい報告がありました。

なんと、タクちゃんがつかまり立ちをはじめたそうです。
この日、父ちゃんには実演して見せてくれませんでしたが。。。

このところタクちゃんは片足に装具をつけて、
いい調子で歩行器に乗ってました。

立てるようになってくると、足に体重がかかって、
短下装具の効果がもっと出てくるかも。ちょっと期待してます。


投稿者 :父ちゃん | コメント (6) | トラックバック (0)

カカトが下りてきません

(2006年02月16日)

月イチの診察の日。
レントゲンをとってもらいました。

思うほどカカトが下りてきていないようです。
アキレス腱がまだ十分に伸びていません。

くわしいことはわからないのですが、
距骨(きょこつ)と立方骨(りっぽうこつ)の配列を改善しないといけないそうです。
(どんな骨か、という解説はこの記事の最後をご覧ください)

具体的には、上田法を続けること、
日中は短下装具をつけること(足を踏ん張るときのため)
この2つを実行します。

特に、手での矯正のときには、足の裏から
カカトに近い位置の「土踏まず」の外側部分
を指で押してあげるといいそうです。
(あとでイラスト載せます)


「これでだいたい初期の矯正はおわり」とのことでした。

根気よく続けていかなきゃ
って感じですねー。

■距骨(きょこつ)とは


脛骨とひ骨に接触して上部くるぶし関節を形成する骨です。
この骨が足首のフレクシング(屈曲)及びエクステンション(伸展)の役目を果たします。


■立方骨(りっぽうこつ)とは


踵骨及び足の外側で第4・第5中足骨に接触しており、この骨のポジションが足の安定性に重要な役目を果たします。

出典:SNOW FLAKE
http://www.j-1.ne.jp/2003/attention/

こちらのページの下のほうには、骨の配列のくわしい画像もあります

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

デニスブラウン装具を比べる

(2006年02月09日)

生後1ヶ月と少しで(2005年8月)つくった装具と、
5ヶ月(2005年11月)でつくったものと大きさをくらべてみました。


デニスブラウン装具大きさくらべ


デニスブラウン装具大きさくらべ(2)


こうやって見ると、足は確実に大きくなってます。


いまも、大きいほうのデニスブラウンは寝るときに履かせてます。
だいぶ窮屈になってきましたが。

投稿者 :父ちゃん | コメント (4) | トラックバック (0)

装具泣かせの足です

(2006年01月12日)

タクちゃんの3つめの装具ができる日。
病院へいくと、できていました。

今回は、少し冒険してピンクをベースにした色。

しばらく装着して様子をみて、
そのあと少し調整をしてもらいました。

この装具は
「短下肢装具」というそうです。
費用は42790円。

短下肢装具


昼間は動きすぎてデニスブラウン装具がつけられませんでした。
手で矯正するのが一番なのですが、じっと足を触っているわけにもいかず、
やっぱり装具に頼る部分は出てきます。

すぐに足が大きくなるので
お医者さんも装具泣かせの足だとおっしゃいます(笑)

型どりをしてもらった3週間前よりも、
また大きくなってます。


短下肢装具つけてみました


短下肢装具つけてみました(2)

この装具、いつまで使えるかわかりませんが、
とりあえず、昼間も治療が続けられそうです。

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)

装具の仮あわせ

(2006年01月05日)

年末に型どりをしてもらった
日中につけるための装具の仮あわせの日です。

じいちゃんと母ちゃん、そしてタクちゃんの3人で病院へ行ってもらいました。

来週12日は、いよいよ新しい装具のできあがりです。


先生に足を診ていただいたら、カカトがまだしっかり伸びていないということでした。
手を使った矯正をがんばらないと。

投稿者 :父ちゃん | コメント (8) | トラックバック (0)

カゼ正月でした

(2006年01月04日)

あけましておめでとうございます。

2006年がお越しいただくみなさんにとって
すばらしい年になりますように。。。


わが家の2005年はカゼで終わり、
2006年のはじまりもカゼでした。

年末からタクちゃんがカゼをひいて38.5度の熱を出しました。

調子が悪いときに装具をつけるのはちょっとカワイソウでした。

このごろあまりによく動くので、日中は装具がなかなか付けられません。

夜寝るときは必ずつけるのですが、
今回は特別に装具を外してやりました。
おかげでよく眠れたようです。


2、3日たって、大晦日には直りましたが、
でも、正月になったとたん、こんどは入れ替わりで上のコが発熱。
正月3日には休日診療の病院にもかかりました。

波乱?の2006年のスタートです。

投稿者 :父ちゃん | コメント (0) | トラックバック (0)